読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mhlyc -presentation

ソフトウェアテスト、品質に関わること、たまに変なことを書いていくブログです。

プログラミング・環境構築を学ぶためにWebサーバを立てることにしました

タイトルの通りなのですが、先日勉強会の懇親会にて「プログラミングスキルをつけたい。けどSwift+Xcodeで軽く挫折した」という趣旨の話をしたところ、「結局いろいろやってみるのが早い」「サーバ立ててみると色々学べて良い」みたいなことだったので

サーバたてることにしました。

 

 

プログラミング言語の選択:Perl

Rubyで実装しようと思ったのですが、当方Ruby自体は触ったことはありますがRailsについては無知です。

ちょっとネットで調べた感じだと、よくわかんなそうだったのでやめました。

ということで、自分が触ったことがあってかつサーバ構築とかに使えそうなPerlを選択しました。

学生の頃はバグの温床みたいなコード書いて大変な目にあったので、今回は気をつけて実装します。

開発環境は…MacPerlって何を使えばいいかよくわからなかったので、

とりあえず以前入れておいたエディタ[mi]を使ってみることにします。

 

サーバの選択

(あまり詳しくありませんが)共用サーバはなんか自由度が低そうということで、

自宅サーバ、専用サーバを検討しました。

でも

  • 専用サーバは高い
  • 自宅サーバは(排熱対策をしないと)火事の危険がある

ということに気づいたので、結局こちらを選択しました。

VPS(仮想専用サーバ)|さくらインターネット - 無料お試し実施中

幸い、さくらVPSについては先人の方々がサーバ構築に使っているようで情報もある程度あるみたいです。

一番安いプランで試しにやってみることにします。

プラン変更の必要が出てきたらそのときまた考えます。

 

ひとまずはプログラミングより先に環境の構築とテストが先ですかね。

まずはWebブラウザでページにアクセスしたときにログイン認証機構を通らせるしくみを実装するのが目標。

先は長いですがのんびりやります。