mhlyc -presentation

僕が書きたいことをひたすらに書き綴る、自己満足のブログです。

自分がNaITEというコミュニティで活動する理由

自分がNaITEというコミュニティで活動する理由

私はNaITE(長崎IT技術者会)というコミュニティのスタッフとして活動しています。

NaITEとは | NaITE(長崎IT技術者会)

 

「NaITEのスタッフです」という話をするとよく「長崎出身なんですか?」と聞かれるのですが、実は長崎はおろか九州の人すら親戚にはいません。父方は青森、母方は岩手の完全東北出身者です。

ではなぜこの活動をしているのかというと、一つはこうした「地域開催の勉強会を支援したい」という気持ちからです。

自分は「盛岡ソフトウェアテスト勉強会」というイベントの発起人でもあるのですが、その初回開催時に強く感じたのが、地方では特にそういった勉強会のような仲間とつながる機会が少ないということです。

自分にはまだ人に語れるような実績やスキルはありませんが、それでも勉強会でお会いした方にお願いしてご講演いただいたり、勉強会を企画して交流の場を作ったりということはできます。これも地元貢献の一つの形だと思います。

なんで地元貢献したいのかは…うまく言えませんが、きっと「仲間はずれにはなりたくない」のだと思います。地元の盛岡を出て今は関東にいますが、地元のことは忘れたわけじゃない。いつだって僕にとっての故郷は盛岡でしかないし、そこをやはりないがしろにはしたくない…と、そんな気持ちです。こうした思いは、特に震災のあと強くなりました。

少し話が逸れましたが、そういった思いもあって「地元・長崎への貢献をしたい」という長崎IT技術者会(NaITE)の活動に共感し、スタッフとして参画することにしました。遠隔地でありながら地元で勉強会を主催するというのはそれなりの労力やノウハウが必要で、そういった面でもNaITEの活動からは多くを学ばせていただいています。同じ地元貢献を掲げた活動として、互いに良い影響を与えられれば良いなと思っています。

…なんだかとりとめのない話になってしまい申し訳ないですが、NaITEは熱意を持って取り組めるスタッフが集まる素敵なコミュニティです。これからもスタッフとして尽力していきます。もちろんスタッフも募集中なので、熱意を持って取り組みたいという方は気軽に僕や周りのスタッフにお申し出ください。