mhlyc -practice

ソフトウェアテストと品質保証がメインテーマです。

私が毎日5時起きを生活の目標にした理由

いきなりですが、私の平日の理想のスケジュールは以下の通りです。会社でこっそり一生懸命考えました。

 

 

5:00 起床、朝食と弁当作り

6:00 移動

7:00 通勤先に近いジムで運動(現在申し込み手続き中)

8:00 出社、定時まで自分の勉強をする

22:00〜なるべく早いうちに、風呂・就寝

 

現状、多少前後はありますが5:00前後には起きられています。

ただ単に早起きするだけで何もしてないんですが、それでも結構習慣化は難しいなと思っています。

私が毎日5時起きを生活の目標にした理由

目的はいくつかあります。

  • 体力をつけ、仕事の生産性を上げたい
  • 自分が何かを継続し、習慣化できることを証明したい(自信をつけたい)
  • 生活のリズムを取り戻し、先延ばしのクセやタスクを放置するクセを直したい
  • 業務に必要なスキルを身につけたい

きっかけはこの記事を読んだことです。

www.kk-bestsellers.com

この記事には非常に共感するものがありました。

というのも、過去にジム通いは挑戦したことがあって、しかし挫折してしまっていました。

理由はまさに記事に書いてある通り「何かにつけ言い訳をしてしまうこと」でした。今日は飲み会があったから、明日早いし、今日は一仕事終えて特別疲れたから…などなど。

しかし、運動しなければいけないことはかなり感じていました。先日某ジムの体験レッスンを受けさせてもらった時も、多少は自信があった脚力含め全体的な体力の衰えに大変な危機感を覚えました。

最近は学生の頃に比べはるかに集中力が落ちているように思えるし、体力がないまま残業なんてしてるととてもじゃないが生産性を維持できない。私の場合はただでさえ途中から今の部署に異動してきていてハンデがありますから、これはかなり致命的です。

学生の頃は今より運動もしていて体力もありましたから、そういった集中力の向上も目的の一つです。

継続できないことに対するコンプレックス

私は継続するという能力が根本的に欠如しているらしく、飽き性なのもあり基本的に物事が続けられません。親にも飽き性だと言われたのですが、「続けているのは仕事くらい」と言ったら苦笑されました。以前にもブログの連続更新にチャレンジして挫折したことがあります。365日コーディングとかも、きっと挫折すると思います。

しかし当たり前ですが継続することなしに達成できる成果というのは非常に少ないものです。どうしても継続して積み重ねることで初めて達成できることもありますし、そういった継続ができないことは自分の大きなコンプレックスになっていました。

早起きというと結局はただ目を覚ますだけのことですが、それでも何か一つ継続することができれば自分の自信に繋がるのではないかと考えました。

夜更かし自体が悪い習慣なのではないか

特に休日に早起きをして感じたことなのですが、夜更かしして遅刻ギリギリに起床する習慣はかなり悪い習慣なのではと思うようになりました。

同じことをするにしても、例えばスマホでゲームするとしても、夜更かしするのと朝やるのではなぜか全然違います。夜だと1〜2時間くらい平気でしてしまうのに、朝だと30分くらいで「もういいや」となったりします。原因はわかりませんが私はそう感じました。SNSやネットサーフィンも同じだと思います。

そして、溜まったタスクを消化していくにしても朝の方が圧倒的に捗ります。なぜですかね?太陽の下ではあまり悪さはできないとかいう意識があるのでしょうか。

私は常々悪い癖として自分のタスクを放置してしまう癖があって、(今現在もやらないといけないタスクがあるのですが)これを本当に直したいと思っています。自分がやると約束したものをやらないとか、間に合っても締め切りギリギリになってしまうというのは非常に周りに迷惑をかけますし、何より信頼をなくします。すでに迷惑をかけたり嫌われたりということは経験してきていますが、自業自得とはいえ心にくるものがあります。しかし悔やんでいたら何かが変わるわけでもないので、これからの活動でまずは自分の仕事をしっかりとやり切るというのを習慣化していきたいと思っています。

業務で必要なスキルを身につけたい

私の今の目標は、早く偉くなって高給をもらい、ソフトウェア開発マネジメントの職につくということです。簡単にいうと課長とか部長みたいなキャリアアップをしたいと思っています。

当然、ただの無名な人がそうなれるわけではないですし、まして異動直後の私はただでさえスキル不足なので、技術的なキャッチアップをする時間を捻出したいと思いました。

※ソフトウェア開発マネジメントの職に就きたいと思った理由は別記事に書きました

ソフトウェア開発マネジメントの職に就きたいと思った理由 - mhlyc -practice

 

経験上、こういった継続が気合いでできないことは重々承知しています。おそらく早起きできない日もあります。それでも、習慣になるまで諦めずに取り組んでいこうと思います。